キャラ紹介

姓名鳳統(ほうとう)
士元(しげん)
真名雛里(ひなり)
CV後藤邑子

【乙女対戦】
諸葛亮と並び「鳳雛」と称される名軍師。諸葛亮とは同門。
かなりの人見知りで恥ずかしがり屋なため、いつも目深なつば付き帽子を被っている。
慌てたりした時の口調から「あわわ軍師」と呼ばれている。

【恋姫†演武】
諸葛亮とは同門の「鳳雛」と称される名軍師。
かなりの人見知りで恥ずかしがり屋なため、いつも目深なつば付き帽子を被っている。
鎖で敵を拘束する計略「連環の計」を操る。

技解説

技名ダメージガード方向発生F全体F硬直差ALv解説
連環の計600立,屈1233-7画面端から数本の鎖が伸び相手キャラクターを拘束する。

空中で命中した場合でも落下はせず宙に浮いたまま行動不能になる。
一カ所から鎖が広がっていくのでその場所を見極めた上でタイミングが合わせることが出来ればジャンプで回避も可能だが
空中ガードのシステムがないため避けきれなければヒット確定の上跳ばずに地上ガードしても削り性能があるので
僅かに相手体力が残っている時などには非常に有効。
ver.upで攻撃判定が縮小し発生後の硬直が短縮。
崩撃中は3ヒットするよう変更。 1.1では通常時も3ヒットとなったがその後のダメージ以外に影響はない。

計略の名は赤壁の戦いの時曹操を騙し船団を鎖で繋げさせた策が由来
g_hinari.jpg